お水のトラブルなら何でもお気軽にご相談ください。

兵庫県の水道工事店

お問い合わせは0120-911-492

TOTO,KAKUDAI,INAX,SANEI取扱店

トイレの詰まりに見られるよくある質問と回答

トイレが詰まって溢れてしまいそうなのですが...

トイレが詰まって、あと一度流すと溢れてきてしまいそうという場合は、だいたいがトイレットペーパーか便の詰まりが原因です。
この他にも犬の糞をティシュにくるんで持ち帰ったものを流した、生理用ナプキンを誤って流してしまったというケースもよくあります。
このような場合は、スッポンとも言われているラバーカップを使用し、排水口に押し当て引きぬくことを何度か繰り返すと、ほとんど解決するでしょう。
しかし、スマホや財布など大きなものを詰まらせてしまった場合や、原因がわからない場合にはプロに頼むことをおススメします。

トイレの便器内の水がほとんどない状態なのですが...

トイレの便器内の水がほとんどない、もしくは水位が低い場合もトイレの詰まりが原因と考えられます。
水位が低いままだと、汚れがつきやすいだけでなく悪臭もひどくなるので早めに対処した方がいいでしょう。
まず、バケツなどで便器内の排水口めがけて一気に水を流してみます。
それでも低いままだったり、反対に溢れそうになってしまった場合には、確実に何かが詰まっている証拠です。
やはりラバーカップを使うと詰まりは解消されるでしょう。
それでも詰まりが解消されない場合は、プロに頼む必要があります。

トイレの水の流れが悪いのですが...

何か異物を流してしまった覚えもないのに、なぜかトイレの水の流れが悪くなった、水圧が弱くなったということもあります。
原因として考えられることとしては、便器の汚れやタンクに異物が入っていることなどが多いです。
特に賃貸の場合、前の住人が節約のためにタンクに水入りのペットボトルなどを入れているケースなどもあるので、一度タンクの中を開けてみて、異物が入っていたら取り除きましょう。
タンク内のチェーンがゆるくなっていたり、破損しているケースもあるので注意が必要です。
トイレの流れる水はきちんと計算されているので、適量を流すようにしなくてはいけません。
また、マンションやアパートといった共同住宅の場合、下のフロアーの住宅の排水管の詰まりが考えられます。
水の流れが悪くなるほどの便器の汚れは、尿石の溜まりが原因のことが多いようです。
こうした場合にはいずれにしてもプロに修理を頼んだ方がいいでしょう。

一覧に戻る

ページのトップへ