お水のトラブルなら何でもお気軽にご相談ください。

兵庫県の水道工事店

お問い合わせは0120-245-667

TOTO,KAKUDAI,INAX,SANEI取扱店

便器の詰まりによるトイレのトラブルと修理方法

便器の詰まりによるトイレのトラブル

トイレのトラブルで多いのは便器の詰まりです。
誰でも一度くらいは、便器を詰まらせたことはあるでしょう。
便器の詰まりの原因のほとんどが、トイレットペーパーの使い過ぎ、トイレットペーパーがなくティッシュペーパーを使ってしまった、または生理用ナプキンやおむつ、タバコなどを誤って流してしまった、ポケットに入れていた鍵や携帯、ハンカチなど異物が落下して流れてしまったなどです。
このほかにも、水流の使い分けが適切でない場合にも便器を詰まらせてしまうことがあります。
これは、大便をしたときにでも水道料金や水の量の節約を考え、小便用の時の水流である「小」で流してしまい、対象物に対する水流が足りずに流れず、詰まらせてしまうといったパターンです。
また、「大」の水流で流すものの、タンクの中に水を入れたペットボトルなどを入れて節約している場合も同様のトラブルが起きることが考えられます。
トイレの内部や排水管は、もともと対象物に合った適切な水の量が流れるように「大」と「小」は設定されているので、きちんと守ることが重要です。

便器の詰まりによるトイレの修理方法

自分でできる便器の詰まりの修理方法としては、50度くらいのお湯を流してみる、重層をまいてしばらく放置して流してみるなど、いろいろありますが、やはり一番確実な方法としてはラバーカップを使用することでしょう。
ラバーカップは「スッポン」や「ポコポコ」などともいわれており、長い柄の先に半円型のラバー製のものがついている排水管の詰まりを直す道具です。
トイレの便器の詰まりを治す場合には、ラバーカップの先端を排水口を塞ぐように被せ、静かにゆっくりと柄を押して、力を入れてグッと引きます。
この時、水が少ない場合にはラバーカップのラバー部分が隠れるくらいまで水を足しておきましょう。
この動作を何度か繰り返すと、つまりは解消されますが、ラバーカップは正しく使わないと便器の詰まりは改善できません。
最後にバケツ一杯の水を流してみて、詰まりが解消できたかどうかを確認しましょう。
タンクの水を流してしまい、詰まりが解消できていなかった場合は水があふれてしまう危険があるので要注意です。
これでも詰まりが解消されない場合には、プロに頼むことをおススメします。

一覧に戻る

ページのトップへ