お水のトラブルなら何でもお気軽にご相談ください。

兵庫県の水道工事店

お問い合わせは0120-245-667

TOTO,KAKUDAI,INAX,SANEI取扱店

排水管の詰まりによるトイレのトラブルと修理方法

共同住宅の排水管の詰まりによるトラブルナンバーワンはトイレ

マンションやアパートといった共同住宅の排水管の詰まりによるトラブルのナンバーワンはトイレの排水管トラブルで、トイレの水が逆流したり、あふれてきたり、水漏れしたりといったことが起きるのです。
しかも逆流だけでなく、悪臭が部屋中に充満することもあります。
マンションやアパートの場合、風呂やキッチン、洗面所といった水回り関係の排水管の詰まりも考えられるはずですが、ダントツでトイレの排水管のトラブルが多いようです。
それは、「詰まるモノ」と「頻度」の違いによるものと考えられます。
水の量で一番多いと考えられがちなお風呂は、その詰まりの原因として一番多いものが髪の毛で、次いで石鹸カス、皮脂になりますが、お風呂の排水口の段階で髪の毛やごみを流さないようにする網などが予め設置されており、ある程度のものは目詰まり防止用のゴミ受けで止まるようになっているので逆流するほど詰まるということはありません。
また、キッチンは食べ物や油が詰まり原因として考えられますが、やはり排水口にはゴミを受け止める皿が設置しており、場合によっては三角コーナーを別に使用している人も多いため、トラブルになりにくい場所といえます。
頻度もキッチンやお風呂は家族の人数にもよりますが、トイレと比較するとトイレの方が多いのは明確です。
トイレはトイレットペーパーの使い過ぎやティッシュペーパー、生理用ナプキンなどが詰まることが多く、事前にゴミを受け止めるシステムもないため、異物がそのまま流れてしまうため詰まり易くなっています。

排水管の詰まりによるトイレの修理方法

もともと風呂、キッチン、トイレなどの水回りの中で一番排水管が詰まるとされているトイレですが、共同住宅では戸建てよりも問題は深刻です。
戸建て住宅の排水管は完全に「専用管」ですが、共同住宅の場合は「専用管」+「共用管」となっています。
共同住宅は、個々の住宅内部は専用管で、その各住宅からの排水が集められて排出する管が共用管となっているため、専用管出の詰まりではなく他の住宅から集められた共用管が詰まってしまうと、共同住宅全体に影響してしまうのです。
専用管での詰まりであれば、ラバーカップやワイヤーなどである程度修理可能ですが、共同管まで行ってしまうとプロでないと修理は不可能でしょう。

一覧に戻る

ページのトップへ